生産者の皆様へ

「雪若丸」の生育についてや、品種特性についてご紹介します。

品種特性

Breed Characteristic

食味

  • 炊飯米の白さ・外観・光沢・味が優れ、「はえぬき」より食味が優れる。

食味特性

食味特性

雪若丸イメージ

食感

しっかりとした粒感と適度な粘りが両立した“新食感”

  • 県内産品種との比較では、粘りと硬さ(しっかりした粒感)のバランスが、これまでにない新食感。
  • 他県産銘柄品種と比較しても同様の傾向。
県内産品種との比較

[山形県水田農業試験場、平成20年~27年産]

県内産品種との比較

他県産銘柄品種との比較

[県産は農総研センター産、他県銘柄品種は 首都圏米穀店から購入(平成28年産)]

他県産銘柄品種との比較

品種特性イメージ

系譜・生育

  • 出穂期、成熟期とも「はえぬき」並で県内では“中生の晩”である。
  • 短稈で、耐倒伏性が強く栽培しやすい。
  • 穂いもち圃場抵抗性が“強”、耐冷性“やや強”、高温耐性“やや強”である。

「雪若丸」の系譜図(交配年次: 平成15年)

品種特性イメージ

「雪若丸」の系譜図(交配年次: 平成15年)

品種特性イメージ