生産者の皆様へ

つや姫の生育状況や田んぼでの作業の様子、実際作付けしている生産現場から生産者の生の声をレポートしていきます。

つや姫マイスター日記

“TSUYAHIME” Meister Diary

2020.06.29

6月25日 ICT技術の導入で、よりレベルの高い「つや姫」を!! 東根市

東根市のつや姫マイスター石山一穂さんは、ICTを活用した“営農情報管理システム”を2年前から導入し、“スマート”な「つや姫」づくりを行っています。ほ場ごとの作業進捗や生育状況がパソコンやスマホの画面で確認できることから、さくらんぼの収穫作業で忙しいこの時期でも、こまめな水管理や草刈りなどの田んぼの管理を効率的に行うことができます。

現在、石山マイスターの「つや姫」の生育は順調で、作溝、中干し(田んぼを乾かし、根に活力を与える作業)の時期に入ります。石山マイスターは、「これまで『つや姫』栽培で培ってきた技術や知識を生かしながら、機械(ツール)に任せられるところは機械に、人でなければできないことは人が対応する。これからも『つや姫』のスマート化を進め、さらに品質が高くおいしい『つや姫』をつくりたい」と意気込みを話してくれました。

最新の技術と人の手によるきめ細かな作業が、石山マイスターのおいしい「つや姫」づくりを支えています。

【北村山農業技術普及課】

定期的な草刈りで病害虫対策もバッチリ

ICT情報管理システムで、ほ場ごとの作業進捗を確認

2020.06.29

6月23日 「つや姫」ロゴマークの田んぼアート、生育は順調です! 鶴岡市

山形県農業総合研究センター水田農業研究所(鶴岡市)では、「つや姫」「雪若丸」の生育診断を行っています。今年は田植え以降低温で日照時間が少なく、また519日~21日の低温強風で生育は遅れていましたが、6月上旬からは好天が続き、生育はどんどん回復してきました。620日現在の生育は、草丈は長く、茎数は平年並みとなっており、生育は平年より2日程度早く進んでいます。

さて、当研究所では、「つや姫」と「雪若丸」のロゴマークの田んぼアートを実施しています。511日に田植えを行い約1か月半が過ぎましたが、田んぼアートに用いた4色の観賞用稲は順調に生長し、色のコントラストがくっきりとしてきました。鑑賞用稲の品種名は、白葉「ゆきあそび」、赤葉「べにあそび」、黄葉「黄稲(おうとう)」、緑葉「観稲(かんとう)」です。「ゆきあそび」は苗は緑色ですが、今(6月中旬)頃から穂が出る頃にかけて、葉の白色の割合が多くなります。「べにあそび」の苗は濃い緑色の葉の一部に紫色が入りますが、生育が進むと稲全体が赤く見えるようになります。「黄稲」と「観稲」は草丈が短く、穂が出ても垂れないのが特徴です。この田んぼアートは7月上旬から約1か月間が見頃になります。

【水田農業研究所】

「つや姫」ロゴマークの田んぼアート(R2.6.23撮影)

「雪若丸」ロゴマークの田んぼアート(R2.6.23撮影)

2020.06.12

6月9日(火)大事な体づくりの時期!きめ細かな水管理で最高の「つや姫」を! 舟形町

山形つや姫マイスターの豊岡学さん(舟形町)の「つや姫」の田んぼは、田植えからもうすぐ1か月になります。今年も順調に生育しており、茎の数も増えて一回り大きくなっています。

「つや姫」は今、体を大きくする“体づくり”の時期です。健康な体づくりに欠かせないのが、田んぼの水管理作業です。濁ってきた水を排水し、新しい水を入れることで、土の中に酸素が供給され、稲の根の活力が高まります。また、日中は浅く水を張り、水温を上げることで茎の数がどんどん増えます。

豊岡マイスターは、「つや姫」の生育を見ながらこの水管理をきめ細かに実践しており、茎の数も順調です。「この時期、余裕をもって体づくりができると、食味・品質・収量の三拍子そろった「つや姫」に育つ。毎日の観察や水管理のひとつ一つが、食卓に届く最高の「つや姫」につながっている。今年の「つや姫」も期待していてほしい!」と話してくださり、秋の収穫がとても楽しみです。

他にも、田んぼから見える山や川などの風景や、地域の農業の変遷など、たくさんのことを教えてくださる豊岡マイスター。さすが「つや姫」!さすが山形!と食卓で喜んでもらえるように、豊岡マイスターの米づくりは続きます。

【最上農業技術普及課】

きめ細かな水管理を実践する豊岡マイスター

1本の苗から茎の数が順調に増えて今は5本に!

2020.06.02

5月28日(木)佐久間マイスターの「つや姫」は元気に育っています! 米沢市

 つや姫マイスターの佐久間英之氏は、米沢市六郷で十七代続く稲作農家です。佐久間マイスターのお宅には、昔、農作業で働く馬や牛の安全を祈願する石碑があり、佐久間家が培ってきた歴史の重厚さをうかがわせます。

 佐久間マイスターの田んぼは13ha。そのうち「つや姫」は約2ha作付けしています。

 今年は天気予報を確認しながら、風もなく穏やかな日を選び、立派に育った苗を1週間かけて丁寧に田植えした佐久間マイスター。田植えが終わり、ホッと安堵の表情を見せてくれました。

佐久間マイスターは、「最近は気象変動が大きく、栽培管理に気を抜くことができない。『つや姫』が元気に育つように、日々のきめ細かな管理を積み重ねいく。その時々の『つや姫』の生育に合わせた対応が大切。」と、「つや姫」づくりのポイントも交えながら、丁寧な管理を心がけていることを話してくれました。

 昨年からは「つや姫」の弟君である「雪若丸」も栽培しており、「今年も『つや姫』『雪若丸』ともに満足できるお米に仕上げたい。」と笑顔で意気込みを語ってくれました。

 佐久間マイスターの「つや姫」は元気に育っています。今年の佐久間マイスターのおいしい「つや姫」に期待が高まります!

【置賜農業技術普及課】

「つや姫」の田植えを終え安堵する佐久間マイスター

敷地に建つ石碑

2020.05.19

5月15日(金)逸見(へんみ)マイスターの「つや姫」の田植えがスタートしました 山形市

穏やかな田植え日和の中、山形市のつや姫マイスター逸見孝志さんの「つや姫」の田植えが始まりました。逸見マイスターは、山形市の同年代の農家5人で結成した「株式会社フィールドシップ」の主要メンバーで、「つや姫」を含め約30haの田んぼを管理しています。

逸見マイスターは「基本の栽培技術がとても重要」と話しながら、苗を植えるときの“深さ”や1株あたりの“苗の数”を入念に確認しながら田植えをしていました。田植えが終わった田んぼを見ながら「『つや姫』の栽培を何年も続けているが、毎年天候は変わり、管理のやり方もそれに合わせて変える必要がある。この時期、田植えでバタバタしてしまうが、初心を忘れず丁寧な管理を心掛け、今年もおいしい『つや姫』を生産したい」と意気込みを話してくれました。

今年も、逸見マイスターのおいしい「つや姫」が期待できそうです!

【村山農業技術普及課】

田んぼを見回る逸見マイスター

田植え後の苗を確認

2020.05.15

5月12日(火) いよいよ「つや姫」の田植えがスタート!鶴岡市

 春風が心地よい穏やかな天候の中、鶴岡市のつや姫マイスター矢口悟さんの「つや姫」の田植えがスタートしました。

 4月16日に、約3ha分の「つや姫」の種をまき、今日まで大事に苗を育ててきました。矢口マイスターは、「4月の種まき後に寒い日が続き、苗の生育が進まなかったり、5月上旬は急激に暑くなったりと、ビニールハウスの温度管理に苦労したが、今年も非常に良い苗ができた」と約1か月間の苗づくりを振り返りながら、元気に育った苗を見つめていました。「今年も品質が良くおいしい「つや姫」をお届けできるよう、ひとつひとつ丁寧な仕事を心掛けたい」と「つや姫」栽培にかける思いを語りながら、苗を田植機に載せる矢口マイスター。

これから1週間、矢口マイスターは「つや姫」3haを含めた10haの田植えを行います。マイスターの熱い思いをこめた「つや姫」に御期待ください!

【庄内農業技術課】

矢口マイスター苗補給

矢口マイスター田植機

2020.05.07

5月1日(金) コメづくりスタート!きめ細かな管理で元気な苗づくり!

鶴岡市にある水田農業研究所では、収量・品質・食味のバランスがよい「つや姫」「雪若丸」を栽培するための技術や新しい品種開発の研究をしています。

今年も田んぼに移植する「苗づくり」がスタートしました。昔から「苗半作(なえはんさく)」と言われるように、「苗づくり」はコメづくりの重要なポイントです。まず、「つや姫」「雪若丸」のタネを3月末から10日間水に浸します。次にそのタネを3032℃のお湯に20時間浸すことでタネから1mmほどの芽が出ます。発芽したタネを、土を入れた苗箱にまき、丁寧に土をかけ、ビニールハウス内にきれいに並べます。ここから5月中旬まで、きめ細かにビニールハウス内の温度を管理することで丈夫な苗が育ちます。今年は4月中下旬に雨の日が多く気温が低くなり管理が難しかったのですが、現在「つや姫」「雪若丸」の苗は元気に育っています。

当研究所は今年で創立100周年を迎えます。今後も「つや姫」「雪若丸」をはじめとした山形県産米の生産技術や新しい品種の開発に取り組んでいきます。

【水田農業研究所】

播種機

苗の様子