トピックス

Topics

2020.11.13

「つや姫」CM出演者からのメッセージ:ピーター・バラカンさん(ブロードキャスター)

今季放映中の「つや姫」のCMのご出演者である、ピーター・バラカンさん(左)から、「つや姫」へのメッセージをいただきました。
ピーター・バラカンさんは、イギリスのご出身で、40数年前に来日後、ブロードキャスターとして幅広い活動を通して日本の魅力を世界に発信してくださっています。日本人にとっての白いごはんのこと、「つや姫」が育まれる産地のこと、「つや姫」の奥深さを、鋭くとらえてくださったメッセージです。

ピーター・バラカンさん(ブロードキャスター)

つや姫が認定された土地や農家さんだけで作られるお米と聞いた時に、やはりシャンパーニュ地方で作られたものだけをシャンパンと呼ぶ、ということがすぐに頭に浮かびました。
銘柄や名前を限定するのは勇気のあることで、作り手の確固たる自信をうかがわせます。
僕はイギリスで生まれ育ったのでお米には縁がありませんでした。ロンドンで大学に通った時代に、たまに玄米を食べてはいました。主食というよりおかずの一品という感覚でしょうか。
日本に来て初めてご飯とおかずという食事のあり方を知ったわけです。
それと同時に、日本人の白いご飯への深い思い入れも知りました。
長い歴史の中で、お米を作るための共同作業から育まれた助け合う生活、その暮らしから生まれた神事や祭りごと。いろんな側面から並々ならぬ苦労を乗り越えて今に伝えられていることを思うと、お米が日本人の根底にあることがよくわかります。
つや姫を初めて食べた時、その代々の作り手の想いのようなものをズシリと感じたような気がしました。大事に育てて作ったものを最後まで管理して食卓へ届けるという一貫した流れは、目には見えませんがその過程の人々の気持ちが込められているのを感じました。
美味しいだけではない、英語で言うところのdedication、心意気まで味わえるつや姫を応援します。

When I learned that the name Tsuyahime is limited to rice grown by particular authorised farmers in a prescribed terroir, I was immediately reminded of Champagne. It takes courage to impose those kind of limitations, a courage which already suggests the level of confidence of the producers.
Since I grew up in London, rice was not an integral part of my upbringing. As a student I flirted with macrobiotic food, including brown rice, but for me it was one part of the meal, as opposed to the staple food that it represents for Japanese people. It was only after starting to live in Tokyo that I became acquainted with the Japanese concept of how a meal is constructed, and also how the Japanese revere white rice.
In order to understand the importance of rice to the Japanese, one needs to know something of its history. The communal effort and hardships required to bring to harvest a crop that is in fact not ideally suited to Japan’s topology, has over the centuries fostered indelible bonds of community strengthened by local festivals and religious observances.
When I first tasted Tsuyahime, I felt as though I was the recipient of that history and the generations of producers in between. Of course one cannot perceive the whole flow, from seedlings lovingly nurtured in the paddy field through all the various steps required to bring Tsuyahime to the table, but the determination of the people involved comes through very clearly. It’s not just the taste; the dedication to producing a first class product is something I applaud heartily.