ホーム > つや姫の特徴:品種特性コシヒカリとの比較栽培特性品質特性食味特性炊飯試験と検査結果寿司適性調査結果

つや姫の食味特性

 「つや姫」の一番の特徴は、なんと言ってもその「美味しさ」です。食味ランキング(お米の美味しさの評価)を行っている(財)日本穀物検定協会の食味官能試験(実際に食べてみて、食味を判断する)において、外観については「艶がある」、「粒が揃っている」など、味については「甘みがある」、「うまみがある」などの評価が得られました。また、農業総合研究センターの食味官能試験でもコシヒカリを上回る結果となりました。

栽培特性イメージ1

栽培特性イメージ2

「つや姫」食味試験コメントについて

(財団法人 日本穀物検定協会)

  • 艶がある。
  • 粒がそろっている。
  • 白い。
  • 甘みがある。
  • うまみがある。
  • 口あたりがよい。
  • 粒がしっかりしている。

■調査品種

つや姫(庄内支場産)と次の40 産地品種との比較

  • コシヒカリ15 産地(鶴岡、新潟、魚沼、富山、石川、茨城、千葉、長野・・・)
  • その他25 産地品種(北海道きらら397 岩手ひとめぼれ、宮城ひとめぼれ、秋田ひとめぼれ、庄内はえぬき、埼玉彩のかがやき・・)

■調査方法

食味計スコア:シズオカ食味計GS-1000 で測定

食味総合評価:基準品種は庄内支場産はえぬき

栽培特性イメージ2

ページトップへ▲

ページトップへ▲